ULU訪問看護ステーション 管理者 看護師 勤務5年目:橋本さん

「管理者として大事にしていること」

 私が、ULU訪問看護ステーションに入職を決めたきっかけは、知人がいた関係でご縁があったからです。元々、在宅医療に興味があり、退院後の生活を支える事を仕事にしたいと考えていました。

 現在、私は管理者という立場で勤務しています。管理者として大事にしている事は、3つあります。1つ目は、訪問スタッフ達がスムーズなケアを行えるように、働きやすい環境を整えること。2つ目は、利用者様が安心して在宅生活を継続できる様に、多職種連携を図りながらサポートすること。3つ目は、療養生活を支える質の高いケアをご提供することです。

 訪問看護は、やりがいのある仕事といえます。訪問看護の成果が出て役割が達成できたと感じることや、訪問看護師として頼りにされ誇りに感じること、責任の重さを感じながらも経験を活かした主体的な看護過程の展開ができ、自己の成長を確認できるなどの体験を通して、成功体験を経験できると思います。これからも現場のスタッフみんなが笑顔で働ける環境を守りたいと思います。

 

 

 

ULU訪問看護ステーション 看護師 勤務3年目:Nさん

「ママナースの働きがいと働きやすさ」

 私は、以前は総合病院の救急病棟にて勤務していました。訪問看護は、初めての経験であった為、正直不安な気持ちがありました。そんな私がULU訪問看護ステーションに入職した理由は、管理者の橋本さんとの会話で、訪問看護を通じて人の生や死を支え、在宅療養者やその家族の望む事をサポートすることに、真剣に向き合う姿に大変胸を打たれ、一緒に働きたいと思ったからです。

 職場環境は、若いメンバーが多いエネルギッシュなチームです。困ったことがあれば自然と助けあうことができていますし、先輩たちが丁寧にご指導くださるので安心して自分の仕事と向きあえています。比較的定時に帰りやすい職場なので、プライベートな時間もしっかりと確保できてメリハリのある働き方ができています。家に帰れば幼い子供が二人おり、そのため日勤だけの勤務を希望しています。そういった勤務スタイルの相談にも、快く耳を傾けてくださる職場で大変ありがたいです。

 

 

ULU訪問看護ステーション東神奈川 看護師 主任 勤務4年目:Uさん

「訪問看護の体験価値」

 私は以前、大学病院の救命センターに勤務していました。そこは厳しい面会制限があり、不安な気持ちに押しつぶされながら、見守ることしかできない親御さんたちの涙がありました。その涙を見るたびに、在宅で小児の患者さんや、ご家族をサポートすることができないかという想いが募り、訪問看護師になりました。ULU訪問看護東神奈川を選んだ理由は、知り合いがおりご縁で入職しました。

 実は救命で働いていた頃は、挫折を多く経験しました。目の前で力及ばず亡くなられてしまう患者さんや、せっかく助かった命さえも取り乱したご家族からの言葉によって深く傷ついてしまったこともあります。そんなとき、この訪問看護の仕事と出会いました。利用者や家族と深く関わり、じっくりと向きあったケアができる楽しさに、見失いかけていた自分の看護師としての誇りややりがい、この仕事にしかない価値をあらためて感じることができました。これらの達成感や充実感を、是非体験して貰いたいと思います。